電子書籍なら、インディーズ文庫(R)C・HIMEレーベル!インディーズ小説を読もう

rachiryoko

拉致旅行

疲弊しきった現代に生きる若者の

「脆さと弱さ」

「図太さと強さ」を感じる。

ISBN978-4-905330-04-2

ご購入は、こちら!

・立ち読み版ダウンロード 
・android立ち読みアプリは!  ドロクリは!
Google Booksで!


拉致旅行   著者 小林 正宜

 定時制高校へ通う中山裕介は、中三の時に「うつ病」と診断された。自己顕示欲が強く、懐っこい性格が仇となり、親友に「ウザい!」と言われて以来、心に蓋をし、孤独な日々を送っていた。うつ病を治す事よりも薬への依存度を強め、遂には死に行く人を羨望するようになる。
 都内で風俗嬢として働く渋谷文夏。明るい性格だが、五歳の時に両親が離婚、そして高三の時に中絶し、高校を退学処分となった過去を持つ。
 二十歳を機に、裕介と同じ定時制高校へと再入学した文夏は、独りでいる裕介に声を掛ける。その後も興味津々の文夏に対し、鬱陶しがる裕介だが、次第に文夏のペースに呑まれていく。
 文夏は十五年ぶりの帰郷に、裕介を『拉致』する事を企て、実行された。激怒する裕介だが、文夏の開き直った態度に怒りを通り越して呆れ返ってしまう。
 しかし、文夏の過去を知るにつれ、裕介の心境や考え方に、徐々に変化が生じていく……。

gazari_TBRC035.png

「あ、そういうエンディングなの?」と、良い意味で裏切られたというのが第一の感想だ。
 登場人物の感情の起伏を淡々と、また切々と描く著者の腕前は「さすが」の一言に尽きる。若い男女が“過去”や“現在”を吹っ切ったり克服したりする姿が、初々しくもリアルに表現されている。がしかし、甘ったるい展開ではないところが「さすが」なのだ。
 現代の若者の「脆さと弱さ」「図太さと強さ」といった心情を、的確に描いた作品といえるだろう。



a:2113 t:3 y:0


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional