インディーズ文庫の代表 しのぶ の怖かったよ体験談

chime_calendar/2013-02-12


第5話 死者の行列か、百鬼夜行か 箱根の巻 その3 

三件目は、箱根の端っこにある、そば打ちもできるという不思議な温泉だ。

そこに向かうには細いくにゃくにゃした道を行くことになる。

ところが
車に乗り込んで少しすると、細い通りなのに、たくさんの人たちがゾロソロ歩いてくるのに出くわした。
しかもほとんどの人が白い着物を着ている。

しばらくの間、この不思議な光景に見とれていたが、みんなどう思っているのかな?と
気になり、声をかけようとして後ろのシートを振り返ったのだが、隣で運転しているカメラマン以外は爆睡だった。

朝が早かったからな〜。

しかし、この行列、何のイベントかな!

白い着物の人に交じって、鬼のようなお面を着けた人。

三角の死人のようなマークをつけた人。

髪をボサボサにして、手には大きな棒切れのようなものを持った、おばあさん。

子供もいる。子供は特に変な衣装だ。
傘をかぶり、高下駄をはいて。

あ、天狗のような格好の人もいる。

大きな顔だけのお化けの格好も。

兎に角、長い、長〜い、行列だ。

あああああ!今度は戦国武将のような鎧のご一行様だ。

すっごい無表情・・・。

あれは、槍かな、長い棒を持って歩いている。



きょうは、ここまで、次回につづく!
前の文章を忘れちゃった方や、読んでみたい方は「しのぶ奇譚」のカレンダーの << を押してみてください。前の月へ移動します。
どうぞコメントやFBへの書き込みなど、お待ちしております。

  • このページのみのコメント欄
    認証コード(3104)
  • facebookへのコメント欄


a:720 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional