インディーズ文庫の代表 しのぶ の怖かったよ体験談

chime_calendar/2012-09-13

前回までのお話しは下記から。


第2話 1枚の写真 その1

あ、見えた。また見えた!

私には、ある女性の背後に、いっつも同じ写真が張り付いたように見えていた。

それが見えはじめたのはいつからだろうか。少し前からチラチラ見えるようになり、かれこれ、もう3ヶ月も経とうかと言う感じかな。

そもそもわたしは、人の背後に別の人を見てしまう、ということはしょっちゅうあるので、その事じたいは気にもならないのだが、問題は、その画像に映し出されたビジュアルだ。

明治から昭和初期のもんぺ姿の中年の夫人がふたり。木造の木戸の前に立って何かを話しているようだ。そしてその二人の背後にある風景が、私には理解しがたい。

何か長い棒のようなものを振り上げている男達がたくさんいる。いや女もいる。
いずれもこの二人と同じような年格好の人達だ。中には、大けがをしているのか、疲れて休んでいるのか、どうも血を流しているようにも見える人がいる。
これは大げんかの様子なのだろうか?

よくわからない理由のひとつに、この見えている画像がモノクロームのぼんやりした物だと言うのがある。

この写真を背負っている女性は私にとって非常に側近の方なので、私は思いきって、話してみることにした。

きょうは、ここまで、次回につづく!

  • このページのみのコメント欄
    認証コード(6069)
  • facebookへのコメント欄


a:861 t:1 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional