インディーズ文庫の代表 しのぶ の怖かったよ体験談

chime

Add to Google chime_calendar

しのぶ奇譚

インディーズ文庫の代表をつとめさせていただいております 鈴木しのぶ です。このページには、主に私の怖かったよ体験談を記載していこうと思います。
作家の皆さまには、何かのヒントに、読者の皆さまには、少しでもサイトを楽しんでいただけたらと思っています。
掲載のある日付はオレンジです。どうぞ宜しくお願いします。

<< 2017.5 >>
[chime_calendar]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

今月の記事

とはいえ、これは小説ではありません。あくまで、個人的な私の体験をつたない文章でつづっています。その時の体験を思いだしながら書いていきますので乱筆、少量などなどお許しください。
それに、思いだしているだけで怖いんです!

  • 下記はこのページのみのコメント欄です。どうぞご記入ください。ご記入するには「お名前」の欄にユーザー名(会員の方ならニックネームがあるのでそちらを。そして「認証コード(数字0000)」のヨコのボックスにそこに表示されている(数字0000)をそのままご記入ください。そしてそのすぐ下のボックスにコメントを記載してください。宜しくお願いします。この欄は、私、しのぶへのコメント直通欄です。こんなことあったよ!とか、もっと個人的なご相談など、お寄せいただいても結構です。メッセージ欄としてご使用ください。 -- インディーズ文庫 2012-09-11 (火) 01:53:21
  • このページのみのコメント欄
    認証コード(7094)
  • facebookへのコメント欄

a:2756 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional