電子書籍なら、インディーズ文庫(R)C・HIMEレーベル!インディーズ小説を読もう

Glorious City

ファンタジー新刊

グロリアスシティ

不可思議な街、花、影、光、友達、

自由、崩壊、戦い、混乱、そして音楽…

欲張りな世界観が渦を巻く、

ロックンロール・ファンタジー!

ISBN978-4-905330-00-4

ご購入は、こちら!

・なんでも立ち読み版は、こちら!
・android立ち読みアプリは!
Google Booksで!


Glorious City 〜グロリアスシティ〜
著者 北原 亜稀人
(きたはら・あきと)

 完全な自由を持つ「自由市民」と、その生活を支えるためにすべての不自由を引き受けている「雑民」が暮らす“街”で、主人公、タケシタ・ヒロシは十年を過ごしている。売られていた雑民の女の子、ミイと共に暮らし、晴れている夜には必ず何処かに出かける生活。街で割と知られたバンドのヴォーカルをしているタケシタ・ヒロシには沢山の友達がいて、遊び相手がいた。ミイ、友達、自由のある生活を気に入っていた。
 しかし“街”の崩壊は幾つかの施設の閉鎖から始まっていった。タケシタ・ヒロシは本当にやるべきことを見出し、行動を開始する………

gazari_TBRC035.png

 「はっ!」と我に返る瞬間が幾度もあった。磨き上げられたストーリーにググッと引き込まれる。「うんうん、お約束の展開」なんて思っていたら、サッと足元をすくわれるだろう。ありそうでないようなストーリーに、読者は知らず知らずのうちにハマってしまうのでは?
 前半は街全体のイメージを描写するシーンが続く。そこに著者の独特な世界観が盛り込まれ、クライマックスを迎える後半には、リアルな映像が脳内にブワッと広がっていく。本作を読み終えた時の、まるで映画を観た後のような、また生ライブの音と歓声が体内にこだまするような感覚。これが「ロックンロール・ファンタジー」なのか? ぜひ読者にも堪能してほしい。
 この不可思議な世界観こそ、インディーズ文庫から誕生する第1作目に相応しい力作だ。


a:2231 t:1 y:1


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional