電子書籍なら、インディーズ文庫(R)C・HIMEレーベル!インディーズ小説を読もう

AkakisyukumeiToAoikaze

伝奇・ファンタジー 新刊

朱き宿命と蒼の風

宿命を背負う二人の

愛と青春と絆を描く

アクション・ファンタジー!

ISBN978-4-905330-07-3

ご購入は、こちら!

・なんでも立ち読み版ダウンロード 
・android立ち読みアプリは!
Google Booksで!


朱き宿命と蒼の風   著者 黒井 勇利

 ある日突然、楠風馬は謎の少女・月代蓮に命を狙われた。少女の襲撃から逃れた風馬は、自分の命を狙った理由を聞いた。
「風馬のせいで、近い将来、蓮は命を落とすことになる……」
 その衝撃的な答えは、蓮の祖母であり、朱き月の一族を率いる月代椿の予言によるものだった。
 風馬はまだ目覚めていないが「蒼の守護者」と呼ばれる組織の一員であり、その組織は蓮のいる「朱き月の一族」と敵対している。
 風馬と蓮は予言を回避する方法を求め、互いに協力しあって苦難に立ち向かう。蓮を襲う蒼の守護者たち、朱き月の一族内のクーデター、そして蒼の守護者として覚醒し、蓮を守るために闘いを始める風馬だったが……。

gazari_TBRC035.png

 計り知れないほど複雑な過去と、一族の壮大な歴史を背負う二人。数々の困難を乗り越え、互いに信頼しあい、成長していく姿は、読んでいて爽快感を覚える。
 脇を固める登場人物も個性的だ。特に蓮をサポートする響子は、風馬を茶化しながらも何かと力になり、圧倒的な存在感を示している。
 また、著者はシーンの描写にも長けている。特に海の場面は読んでいるにも関わらず、目の前に波と夕日が見えた気がした。
 インディーズ文庫はじまって以来の超大作、ぜひ味わっていただきたい。


a:1769 t:1 y:0


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional